≫PAGE1  ≫PAGE2  ≫PAGE3
◎犬の予防
狂犬病ワクチン
毎年接種が義務
初年度のみ登録が必要
混合ワクチン
初年度(仔犬)は複数回の接種
(最終12〜14週までが望ましい)
1歳齢で追加接種
その後は最適な間隔で
寄生虫病
フィリア:飲み薬(錠剤・チュアブル)により予防
蚊の発生より1ヵ月後からいなくなって1ヵ月後まで
(5月末〜10月末)
便検査による内部寄生虫検出:薬物治療
ノミ・マダニ等の外部寄生虫の予防:スポットオンタイプの薬
◎猫の予防
3種混合ワクチン
猫汎白血球減少症・猫ウィルス性鼻気管炎・
カリシウィルス感染症
仔猫では通常2〜3回接種
1歳齢で追加接種
その後は適切な間隔で
猫白血病ウィルスワクチン
仔猫では2回接種、1歳齢で、追加(接種前に抗体チェック)
その後は適切な間隔で
外に出る猫もしくは感染猫との同居
◎しつけによる問題行動の予防
家族の一員あるいは伴侶である皆様の動物が、いつまでも愛され、いつまでも幸せな生活を送られるよう、また立派な社会の一員になるために社会化およびしつけを行い、問題行動の発生を未然に防ぐ手助けを行っています。(併設施設では、しつけ教室を開催 「Dog House MOMO」)
(C)2006 All rights reserved by Yokota Pet Clinic